2021年11月16日(月)現在の稲沢市祖父江町周辺エリアの黄葉状況

IMG_20211116_084442

本日は、稲沢市祖父江町の周辺で特に南側にあたるエリアを中心に黄葉状況をお伝えします。

イチョウ黄葉といえば祖父江町ですが、市場で高値をつける独特の食感をもった大粒の「祖父江ぎんなん」の生産は周辺エリアにもとうぜん広がりました。

祖父江町ほどの規模の圃場はあまり見受けられませんが、それでも随所にフォトジェニックなスポットを見つけることはできます。

黄葉の色づき度合いとしては、全体的に祖父江町内より”やや早い”というのが率直な印象です。

ロードサイトに陽の光を浴びながらしずかにたたずむ立体的な様子のイチョウ
横に張り出した特徴的な枝ぶりに密集するイチョウの葉群は祖父江町と同じ特徴
ぎんなん栽培の対象樹ではないかもしれない一本
広角でとらえると、この地が木曽川沿岸であることを示す特徴的なグリ石の石積みを見て取ることができます
伐倒された超大木の根元から、そして、積まれた伐採枝からもあらたに育とうとするイチョウの驚異的な生命力がわかる一枚
この地の氏神様と思われる神社にて一枚いただきました
Facebook
Twitter
Pinterest